iPhone7sの通信速度が遅くなる原因 - iPhone7sを上手に活用する
  • iPhone7sの通信速度が遅くなる原因

    iPhone7sを使用していると、通信速度が遅くなることがあります。

    通信速度の低下の原因は、電波の輻輳やアクセスポイントの混雑や故障、プロバイダの問題、タスクの滞留、通信制限などが考えられます。
    電波の輻輳とは、年始の挨拶など同一時刻における複数ユーザーの利用や、大規模な災害の発生等によりモバイル端末の利用が集中し、混雑することで通信状態が不安定になることです。



    電波の輻輳が原因の場合は、個人ではどうしようもできないため、回復するまで待つ必要があります。


    Wi-Fi回線を利用している場合は、同一のアクセスポイントに接続している人が多すぎるか、アクセスポイントの不具合が考えられます。



    一つのアクセスポイントで同時に通信できる量は決まっているため、アクセスポイントが100Mbsの回線の場合、接続者が100人なら100人全員が100Mbpsで利用できるわけではなく100人の合計が100Mbpsとなるため、大量にデータを通信している人が一人いるだけで通信速度は遅くなります。


    集合住宅でWi-Fiを利用している場合は、契約しているプロバイダの回線によっては、アクセス集中時に通信速度が低下することがあります。


    回避するには時間をずらすか、プロバイダを変更するほかありません。



    タスクの滞留とは、iPhone7sを使用している間にメモリの使用量が増え、処理速度が遅くなることで通信にも影響を及ぼすものです。


    この場合はiPhone7sを再起動することで、多くは元の通信速度に戻ります。

    通信制限は、一定の通信量を超えたユーザーに対し課せられるもので、各キャリアによって設定されています。


    通信制限を受けないようにするには、使用を控えるかもしくは出来る限りWi-Fiを利用するようにします。