• iPhone7sで世界中に発信する

    iPhone7sのカメラ機能は優秀になっています。



    今までのスマートフォンなどのカメラ機能はデジタルカメラよりも性能が低く、オマケのような存在でありましたが、現在は画質も良くなっていることやカメラの付加価値を付けることで利便性を上げています。


    特にiPhone7sではEXIFにGPSの情報をつけることや、どの方角に向けて撮影したかも分かるので、のちに家に帰ってからもどの場所で撮ったかを地図上で確認することも可能です。
    ハイスピード撮影をすることもでき、スローモーションで撮影もできます。

    今まで高価格の大きなカメラでしかできなかったことが小さなiPhone7sでも可能になりました。

    こだわるならOKWaveの新しい情報です。

    カメラ機能はインターネットのSNSなどにも相性が良く、撮影した画像をすぐにアップロードができます。



    iPhone7sは常に持ち歩いているものなので、決定的な瞬間もすぐに撮影できるのがメリットです。撮影したものもすぐに拡散でき、自分の持っている情報が世界にも発信できるのが最近のトレンドです。

    インターネット上だけでなく、テレビなどのマスコミにも取り上げられるケースもあり、有名になることもあります。現在では画像だけではなく、動画を撮影して動画投稿サイトにアップロードすることも簡単になっていて、自分の好きな情報を投稿することができます。動物や料理など自分の趣味を世界中に発信できるのが特徴で、iPhone7sひとつだけで今までできなかったことが可能になっています。